薬局 育毛剤

大学3年の時、薬局で買ったリアップX5を買いました。

大学3年生の頃、就活に向けて髪を切った時に、少しおでこの端、つまりM字のように
薄毛が進行し始めていることに気づきました。
今思えば、典型的な男性型脱毛症の症状でした。

 

髪をセッティングすると、少し透けるような感覚が以前よりもあったので、
まずいなと思い、CMなどでも王道だったリアップX5を購入してみようと思いました。

 

 

値段は7,000円と高いのですが、当時は就職活動に向けてお金を貯めていたこともあって
継続購入もそこまで難しくなかったです。

 

どこでも売っている商品だったため、近くの薬局のマツモトキヨシで買いました。
やはりCMなどでよく見る王道の商品から始めてみようと思ったのがきっかけで、
商品にアクセスしやすかったというのも大きな理由になります。

 

 

購入時は、あまり人目を気にしない性格だったのでアルバイトの女の子の所に
持っていくのも大して恥ずかしくありません。
というか、あまり進行していなかったためというのもありますが。

 

早速家に帰って使ってみましたが、ノズルが結構特殊で、一回で使用可能な量しか出ないようになっています。
風呂上がりの寝る前に使用してみましたが、少しベタつく感覚がありましたので、
近くに生えている髪の毛が束になりやすくて、寝る前は気にならないのですが外出前や
ワックスを使用する前には付けられないなと感じました。
頭皮に押し付けると液が少しずつ出るタイプなのですが、力を少し込めないと液が出てこないので
頭皮の細胞が死ぬのではないかと思ったこともあります。

 

そのような形で使用し始めて数ヶ月買い足しながら使用を継続していきました。
卒業まで使っていたので1年以上使っていたことになります。
実家暮らしで、さすがに親の目は気になったので自分の部屋に置いて使っていました。
多分見つかってなかったと思います。

 

使用して思ったのは、患部からは産毛が少し生えてきて、気持ち濃くなったような気もします。
正直な話、まだ進行がそこまで進んでいない段階で使い始めたので、
進行しなければ御の字なのでないかと思っていました。

 

なので、自分が選んだものは特に失敗ではなかったように思います。
社会人になってからはインターネットで飲み薬を仕入れるようになって購入はしなくなりましたが、
特段悪い印象は持っていません。
でもなんとなく塗り薬の方が効かないイメージは持っています。

 

ドラッグストアで売っている育毛剤は最近は色々あるのですが、値段も高く見たことも聞いたこともない物も多いです。
そういったものはやはり選びにくく、聞いたことのあるものにまず手をつけてしまうのは心理だと思いますので、
自分が選んだのも自然かなと思います。